代理店とどう付き合うべきか?クライアントは監督になれ!

f:id:manekinekoo:20170802111950p:plain代理店に対してクライアントはどのように付き合うべきでしょうか?

代理店に広告をまかせっきりにしてませんか?

どのように付き合えば成果がでるのでしょうか?

 

リスティング広告で失敗する例として・・・

代理店に任せてみたけど成果がでなかった。

そんなことがあると思います。

僕も以前の代理店でそうでした。

恥ずかしながら大失敗しました。

失敗の根底にあるのは任せてしまったから。

任せっきりにしてしまったからです。

今だからそれはわかります。

 

では代理店に任せるのは危険でしょうか?

危険ではありません。

でも任せっきりにするのは危険です。

代理店はスポーツで言えば選手みたいなものです。

選手が活躍するかどうか。

それは監督の指導に左右されます。

クライアントは監督となって選手に指示する。

そんな関係が必要だと思います。

 

クライアントが何も指示しなければ。

代理店も中々動かないかも知れません。

まったく動かないとは思いませんが。

動きが良くないかもしれません。

 

特にキーワードの選定は代理店よりクライアントが得意な部分です。

キーワードに限って言えばクライアントの方が理解しています。

成果が出るかもしれないキーワードを探すのは難しいことです。

その部分はクライアントが指導した方がうまくいくでしょう。

設定するのは代理店に任せていいです。

あくまでも代理店には協力してもらう立場でいいです。

任せっきりにすると失敗します。

リスティング広告代理店はブラック企業か?


f:id:manekinekoo:20170801081640j:image

リスティング広告代理店はブラック企業なのか?

この疑問について答えたいと思います。

いろいろな会社はありますが、そもそもIT系企業はブラックが多いです。

リスティング代理店もそれに含まれます。

そして残念ながら僕の頼んだ代理店もブラックみたいです。

 

ブラック企業ってイメージは悪いですが、

実は優秀な企業が多いのも事実です。

大手ではセブンイレブンとかユニクロもブラック企業の代表です。

特にセブンイレブンはブラック企業ランキング1位の企業です。

しかしながら企業としては優秀です。

顧客満足度も高いと思います。

ユニクロもそうですね。

決して駄目な企業ではないのです。

 

ではリスティング広告代理店はどうか?

リスティング広告というのは、そこそこ成功してる企業や大手企業が使います。

そのようなクライアントを抱えてるわけですから、

接客やサービスに力が入ります。

技術力だけではダメなのでしょう。

特にリスティング広告というのは、すぐに結果が出るものではありません。

安定的な結果になるまで半年間かそれ以上の時間がかかります。

その間はとても頑張なければならないのです。

結果がでなければクライアントは逃げてしまいます。

 

例えば、ホームページ制作会社っていろいろありますが、

結果を出さなきゃいけない訳ではありません。

基本的にホームページを作ったらそれで作業終わりです。

その後、結果が出ようが出まいが関係ありません。

 

それに比べてリスティング広告代理店は結果がすべてなのです。

結果が出なければ最終的に会社がつぶれてしまいますので、シビアなものがあります。

 

あとリスティング広告はセッティングのはじめの段階が手間がかかります。

キーワードなどをセッティングして最適化できるまで大きな手間がかかります。

だからといって初期費用が頂ける訳ではありません。

広告費に対しての手数料しか頂けません。

手間がかかる割には儲けが出ないとも言えます。

そんな仕事内容がブラックに繋がっているのかもしれません。

クレジットカード決済とリスティング広告


f:id:manekinekoo:20170731090147j:image

クレジットカード決済について書きます。

リスティング広告ではクレジットカード決済で大きな影響があります。

ECサイトではクレジットカード決済が一般的になってます。

何か支払いするときはカードで払う人が多いです。

ネット通販では半数の人がカード決済で支払ってます。

 

カード決済はカード代理店を通して行います。

代表的な代理店ではGMOペイメントやゼウスなどがあります。

代理店と契約することにより様々なカード決済が利用できます。

僕の契約したところはマイナーな代理店です。

しかし、決済システムが最悪でした。

決済システムに問題があるのかわかりませんが、

決済できないエラーが頻発してました。

結果的にお客様が購入を諦めるケースが多くありました。

おそらく10万円以上は損害があったと思われます。

今月解約するつもりです。。。

 

決済エラーの原因は何か?

・システムのもたつき?

・システムセキュリティ?

・カード非対応?

・入力のしやすさ?

 

いまはPayPal決済を導入してます。

もちろんカード決済もできて問題ありません。

最初からPayPalにすれば良かったです。

 

この決済できない問題は売上に大きな影響があります。

そしてリスティング広告ではコンバージョンを悪くする結果になります。

当たり前ですがカード決済がスムーズにできること、

問題のない決済システムであることは重要なことです。

リスティング広告でいちばん大切なことは何か?

f:id:manekinekoo:20170730064033j:image

リスティング広告でいちばん大切なことについて書きます。

リスティングには様々な設定があります。

そのなかでもいちばん大事な設定があります。

 

ランキング形式で発表します

1.キーワード

2.LP内容

3.広告文

4.クリック単価

5.オプション設定

 

見ての通りでキーワードがいちばん大事な設定です。

理由は簡単ですね。

お客様はキーワードで検索するのですから、

そのキーワードで広告を表示させる必要があります。

キーワードの選択しだいで成約が良くも悪くもなります。

 

その次にLP内容が大事です。

お客様が広告をクリックして表示されるのがランディングページですね。

LP内容しだいで成約が良くも悪くもなります。

成約に直結すると考えてもいいかもしれません。

 

リスティング広告はキーワードとLP内容の2トップで決まる。

そう考えています。

2トップで80%決まるって考えてもいいかもしれません。

 

・成約につながる確実なキーワードを設定して、

・成約につながる確実なLPを作る。

これが最も近道な方法でしょう。

代理店担当者の言うことはどこまで本当か?

f:id:manekinekoo:20170729105747j:plain

代理店担当者の言うことはどこまで本当か?

どこまで真実なのか?

おそらく多くの人が疑問に思っていると思います。

担当者と直接話をするといろんなことを言われます。

悪いことはあまり言わないですね。

いいことは言います。

担当者によって全然違うのですが。

 

例えば、

自分は何年間の経験がありますとか。

自分の実力の話とか。

こういう系のクライアントを請け負っているとか。

今後の成約見通しとか。

まあいろいろです。

 

どこまで真実なのか?

さっぱりわかりません。

それで1つだけわかったことは・・・

見通しの話ですね。

コンバージョンの見通しですね。

これがとりあえず知りたいところです。

そして結果的にその見通し通りになったのか?

とても重要なことです。

 

結論を言いますと。

概ね見通し通りになってます。

3ヶ月が過ぎましたが概ね見通し通りの結果です。

厳密に言えば若干悪いですが。

概ね見通し通りのコンバージョン数をあげてます。

 

これから3ヶ月間の見通しも聞いてます。

これは最初の打ち合わせで聞いた見通しですね。

コンバージョン数は倍になります。

3ヶ月間で月5個、6ヶ月間で月10個が売れる。

広告費10万円に対してです。

そう聞きました。

まだ3ヶ月間ですが概ね見通し通りの結果です。

 

しかしながら、月10個は売れないと元が取れません。

あと3ヶ月は辛抱しなきゃならない?

どうなるかは神のみぞ知るって感じです。

おそらく最初に出した見通しは適当だったのかもしれません。

努力目標として提示した可能性もあります。

リスティング広告代理店のランキングや評判はあてになるか?

f:id:manekinekoo:20170728084417j:image
リスティング広告代理店のランキングや評判を見かけます。

このような情報はあてになるのでしょうか?

どれくらいあてになるのでしょうか?

 

結論をいえばまったくあてになりません。

いい加減もいいところです。

それって誰が書いた情報なのでしょうか。

もしかすると代理店自らが書いた情報かもしれません。

ネットの情報は誰でも書けます。

悪評も書けます。

ライバル会社には悪評も書くでしょう。

自社には良い評判を書くでしょう。

リスティング広告代理店の社長でも社員でも書けます。

だからまったくあてになりません。

 

ひとつ指標があるなら正規代理店なのか。

正規パートナーの星の数くらいです。

星の数が多い方が大手の代理店です。

大手の代理店だから評判がいいとは別問題です。

大手はたくさんのクライアントを抱えています。

億単位のクライアントには頑張ってくれると思いますが。

そうでないクライアントは手薄になる可能性もあります。

多くのクライアントがいることは事実です。

 

小さな代理店だって人手が足りなければ手薄になるでしょう。

労働環境までは誰にもわからないことです。

だからブラックボックスなのです。

 

僕が言いたいのはネットの評価は安易にあてにするな。

誰が書いたわからない情報はあてにするな。

そういうことなので気をつけましょう。

担当者ってどんな人なの?


f:id:manekinekoo:20170727094734j:image

担当者について書きます。

営業系と技術系の担当者がいます。

そもそもリスティング担当者ってどんな人物でしょうか?

いろんな人がいらっしゃると思いますが、

概ねリテラシーが高い人が多いと思います。

実際に僕の担当者もそうです

会社としてもリテラシーのある人しか雇わないと思います。

 

学歴でいえば大卒が当たり前だと思います。

そしてなぜか美男美女が多いかも?

人を見た目で判断するのは失礼ですが、

本当に美男美女が多い気がします。

これはリテラシーと関係あるのでしょうか。

その辺も謎に包まれています。

 

代理店では幹部を除いて若い人が多い代理店があります。

若いというのは頭の回転が早いです。

そして物覚えも早いです。

IT業界に若い人が多いのも事実です。

 

もしオジさんばかりの代理店と、

若者ばかりの代理店があれば。

どちらがいいのでしょうか?

個人的には若者がいる代理店がよいと思います。