リスティング広告で期待させる?コンバージョンへのテクニック


f:id:manekinekoo:20170810120158j:image

リスティング広告のクリックについて話します。

クリックするときの客の心理はどうなのか?

何を思ってクリックしたのか?

なぜクリックしたのだろうか?

 

結果的にコンバージョンに至らなければダメですが、

その前にクリック自体について考えます。

なぜかといえばお客様がクリックしたのはなにかしらの意味があるからです。

無意味にクリックすることもありますが、

可能性は低いです。

 

クリックする瞬間、またはクリックする前にどう思うか?

それが大事です。

それがコンバージョンに影響する可能性はあります。

具体的に言えば広告文やオプション表示のことです。

これらの内容でクリックするか判断してます。

だからお客様に十分期待させる内容でなければなりません。

それでないとクリックもされません。

 

期待するときはコンバージョンに影響するか?

結論を言えば期待するほどコンバージョンに至ります。

広告をクリックするときのことですから

期待してクリックしたときほどコンバージョンに至ります。

だから広告内容は大事です。

少し大げさなくらいでいいです。

お客様は半信半疑かもしれませんが。

期待させないよりはいいです。

 

期待させればさせるほどいい結果になります。

だから広告内容は適当ではダメです。

何度も何度も作り直して改善するといいです。

そして期待させる広告内容になるほど結果も良くなります。