ランサーズで採用されるランサー(人材、請負)の条件とは?どんな人が採用されるのか実体験を話します!

f:id:manekinekoo:20170815103826j:plain

ランサーズで採用されるランサー(人材、請負)について書きます。

多くのランサーがいる中で。

どのような基準で採用されるのでしょうか?

プロジェクト方式についての採用基準について書きます。

僕の採用基準ですが参考にしてください。

 

プロジェクト方式の採用基準

1.経験があるか

2.評価があるか(悪い評価だらけでないか)

3.認証をしているか

4.法人か個人か

5.見積もり内容

主にこれらの基準を見ています。

 

1.経験があるか

当然ですが経験者でないと頼みません。

何年くらい経験があるのか聞くこともあります。

あるいは相手が実績を提示してくるのでそれを参考にします。

 

2.評価があるか(悪い評価だらけでないか)

評価があるかはどうかは大事です。

いくら経験があっても評価0だと採用しません。

評価があるってことは。

それだけランサーズや在宅ワークに慣れている。

そう考えられるからです。

在宅ワークに慣れているかは大きな問題です。

慣れていない人はトラブルを起こすからです。

 

3.認証をしているか

認証もしていない人は採用しません。

ランサーズに慣れてない人が多いからです。

認証じたいは誰でも簡単にできると思います。

そんなこともできない人は論外です。

認証ができない人は無責任な人の可能性もあります。

責任を負いたくないから認証しないのだろうか。

わざわざ無責任な人に頼むこともありません。

 

4.法人か個人か

同じ金額なら法人に頼みたいです。

でも実際に法人は見積もりが高いです。

だから、選べるのであれば法人なんですが。

実際には個人に頼むことが多いです。

最終的には見積もりの問題です。

いくら良い会社でも見積もりが合わないと無理です。

だからある程度の妥協は必要です。

 

5.見積もり金額

見積もり金額はとても大事です。

見積もりが安いから良いわけではありません。

傾向として。

見積もりが安い人ほどレベルも低いです。

見積もりが高い人ほどレベルは高いです。

だから、見積もり金額でその人のレベルもわかります。

レベルが低いか高いかも採用基準です。

もちろんレベルの高い人に頼みたいと思いますが。

そのぶん見積もりは高い訳です。

こちらがどこまで妥協できるか?

それが問題になってきます。

 

最後にこのような人は採用されない。

そんな人の例を書きます。

・経験がない、評価もない、認証もしてない、金額が安すぎる(レベル低すぎる)

単刀直入にいえばこんな感じです。